物語のように動き出した台湾の旅レポート

物語のように動き出した台湾の旅(世界の他人を家族にする試み)も終盤です😃

先週土曜日から台湾の台北にきて仲間と旅をしています。ただの台北食い倒れツアーではなくて、台北にいるコミュニティデザイナーとの深い交流や現地の台湾人の友だちといっしょに料理を作って食べようよということを企画を練って行きました‼️

この繋がりはすべてキッチハイクの繋がりを使って実現したものです😀なにも誇張もなくキッチハイクの持つ理念を体現した旅とも言えると思います。

食で繋がる暮らしをつくるキッチハイクは世界できっと通用します🙂もちろん今のキッチハイクは海外での利用を目的とはしていないですが、キッチハイクの繋がりは世界を軽々と超えて広がる可能性があるということも忘れる必要はないです。

そんなキッチハイクに感謝して、台湾でキッチハイクについて勝手に語ってみました🤣台北で西城 Taipei West Town
http://www.taipeiwesttown.com
のメディア運営にアートディレクターやコミュニティデザイナーとして活躍しているリー(ChengTao Lee)さんとの交流はほんとうに懐深く、興味深い、地元愛に溢れた彼のアイデンティティを感じる濃密な時間でもありました✨(リーさんはキッチハイクで知り合った日本在住の台湾人の江柏燕さんが繋いでくれました🙂)

そしてキッチハイクで知り合った台湾人の学生リンくん。なんと日本に旅行に来た時にキッチハイクに一人で参加したという強者でした。そんな彼との約束を果たすために今回台北に遊びに来ました。そういつか台湾に遊びに行くよと伝えていたことを実行しに来たのです‼️それが1年半経ってやって実現出来て、しかもじぶんがやってみたかった現地の人の家で料理をしていっしょに食べるという願いを叶えてくれました。
友だちにも協力を頼んだり、全く知らない日本人を快く迎え入れてくれたりとリンくんの友だちにはほんとうに感謝です😆
ご馳走になった台湾の串揚げはなかなかに面白かったので、日本でキッチハイクPop-Upで再現したいと思います👍✨

日本からいっしょに参加してくれた仲間もいてくれてほんとうに心強かったです。ほんとうにローカルな台湾の街のなかを住んだつもりで歩けて現地のありのままを感じられたことはほんとうに貴重な体験となりました。
他ではきっとこんなことは出来ないと思えるような体験の連続でした。

よく住むように旅をするというコピーがありますが、まさに今回はそんな生活と旅が同じレベルで融合した企画になったとと思います。
まだまだもっと面白い新しい暮らし方が待っていると思っています。

それをこれからいっしょに作っていきませんか???
巻き込まれたい人はいろんなところで声をかけてください。もうほんとうにいつでも待っています‼️
みんなでいっしょにワイワイと創り上げる世界を楽しんでいこう、それがじぶんの望みでもあります✨これからもよろしくお願いします。

今回の写真の全ては会長こと亀田 寛さんの写真をお借りしています。会長‼️カメラマンほんとうにありがとうございます👍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です