お金をもっとなめらかに、お金でもっとなめらかに。お金がコミュニケーションと共にある世界を目指しているpolcaの話。

フレンドファンディングというアプリを知っていますか???

polcaというやりたいことを思いついたら即企画を立てて資金調達が出来るアプリがあります。そのpolcaでビール作りに出かけて、polca一周年記念イベントで自分がデザインしたビールがお披露目されましたという話をしていきます。

polcaを知ったのは今年の3月くらいだったかな?なにかの記事をどこかのWEBメディアで見つけてなんとなく面白そうなので使ってみようかーーーというかなり気軽な気持ちで使いはじめました。 “お金をもっとなめらかに、お金でもっとなめらかに。お金がコミュニケーションと共にある世界を目指しているpolcaの話。” の続きを読む

グラフィックレコーディングで理解するキッチハイクとシェアリングエコノミーにまつわるアレコレ

最初の頃(2018年初めの頃の話)キッチハイクのことをなかなか一言で説明するのが難しくて、ついつい説明が長くなってしまっていた。

説明が長くなると熱意は伝わるものの、結局何を伝えたかったがボヤけてしまう。そんな状況を打破する方法を試行錯誤して辿りついたのが、

「グラフィックレコーディング」

という手法。もともとは会議の議事録に絵や図を描いてわかりやすくしようといった動きから広まった。議論の可視化(ビジュアライズ)により場の活性化や相互理解を促すことが目的。このグラフィックレコーディングの手法は議事録の可視化以外にも、イメージしにくい説明をわかりやすく伝えるためにも活用が出来ます。 “グラフィックレコーディングで理解するキッチハイクとシェアリングエコノミーにまつわるアレコレ” の続きを読む

キッチハイクではじめてのCOOKを体験 〜OISHIKU TABERU LABOの源泉〜

2017年8月からキッチハイクに参加してから日に日にHIKER参加が増えていきいつしかプロHIKERと呼ばれるようになっていました(もちろんそんな職業はないですが)

それくらいキッチハイクにどっぷりと浸かっていたんです。そしてそんなある日のみんなの食卓で、たこ焼きをよく友だちや家族に家族に振る舞ったりしているよなんていう趣旨の事を話したら、他のHIKERさんからCOOKをしてみたら?みたいな事を言われ、

それなら出来そう!

なんていう思いつきでCOOKをやることになりました。 “キッチハイクではじめてのCOOKを体験 〜OISHIKU TABERU LABOの源泉〜” の続きを読む

プロローグ 〜キッチハイクとの出会い〜

キッチハイク(KitchHike)を知ったのは2017年6月くらいのことだったと思います。新しい体験が出来そうなWebサービスを片っ端から探していた時期でもありました。
最初キッチハイクのサイトを見てすぐさま飛びついたわけではなかったです。
サイトをいろいろ見ていてPop-Up(一般的に呼ばれるイベントのことをキッチハイクではPop-Upと称している)のハードルが高い印象があってなかなかどれから行ったらいいのか正直わからなかった。
みんな料理のレベルも高そうだし、料理を一からするようなワークショップ形式のものが多かったイメージがあって、いきなりこんなレベルの高い料理するなんて出来ないかも?そんなふうに考えていて、なかなか参加する一歩が踏み出せずにいました。

でも7月の終わりだったろうか?
ひとつのPop-Upを見つけた。

KitchHike「みんなの食卓」

“プロローグ 〜キッチハイクとの出会い〜” の続きを読む

はじめまして!

OISHIKU TABERU LABOのブログを開設します。

OISHIKU TABERU LABOはデザイナーである島津 栄一が自分の食に対する考えやアイデアを現実化していくその様子を伝えていくための記録です。

おいしい食べものは世の中には溢れているけど、おいしく食べるとは?ということを突き詰めて考えている人は意外といないなと思います。 “はじめまして!” の続きを読む